冷房病を予防しよう

冷房病(クーラー病)とは・・・?

足腰の冷え、だるさ、肩こり、頭痛、食欲不振、下痢、イライラ、不眠などの様々な症状を引き起こします。

私たちの身体には体温を一定に保つ働きがあるため、冷えを感じると血管や筋肉が縮まり体内の熱が奪われることを防ごうとします。逆に暑さを感じると、皮フに近い毛細血管が広がり汗をかいたり、筋肉を緩め熱を逃がす働きをします。

しかし、一日中クーラーで冷やされた室内で過ごしたり、暑い室外とクーラーで冷やされた室内といった温度差が激しいところを頻繁に行き来していると、身体の温度が急激に下がり毛細血管の収縮を強く引き起こしたり、冷房の効いた室内にいても毛細血管が縮みにくくなり体内の熱が放出されすぎて冷えを強く感じたりします。温度差が激しいと自律神経の働きにも支障をきたしバランスが崩れてしまいます。

夏は熱中症対策で冷房は欠かせませんが、5℃以上の温度差がある場所を行き来していると身体に不調を感じやすくなります。

温度差が激しいと自律神経のバランスにも関わるので、血圧上昇といった循環器系にも影響があり、心筋梗塞や脳卒中などの危険も高まる可能性があります。

また、寒冷ストレスや熱中症の症状には「咳や鼻水、微熱」などの風邪に似た症状も出ることがあります。

冷房病は、寒さによって身体の免疫機能が低下する恐れもあるため、感染症やアレルギー反応にも注意が必要です。

冷房病(クーラー病)対策と予防

1.エアコンと上手く付き合う

エアコンの標準的な設定温度は2528℃が良いとされています。しかし、体感温度は人によって違うため寒いと感じない温度が適温となります。外気温との差が大きいと、外出時の体へのストレスも強くなります。

最適な室温は外気温との差が57℃以内とされていますが熱中症を防ぐという観点からも27℃前後を目安に体感に合わせて変更しましょう。

2.身体を冷やさない食事

冷房病や冷えを予防するには「身体を冷やさないこと」が基本になります。食べ物や飲み物も身体を冷やさない工夫ができます!

体を温める食べ物を「温性食物」と言います。その代表がショウガ、ねぎ、にんにく、玉ねぎ、かぼちゃ、などです。

食事を抜くとカロリー不足から身体が冷えやすくなり、さらにビタミン不足からだるさや疲れが助長されてしまいます。温性食物を使った温かい食べ物や飲み物を少量でも良いので摂取して体を冷やさないように工夫しましょう。

3.足の運動

足先や手先の末端は冷えをもっとも感じやすく、特に足先は心臓から遠いため血液の循環が悪くなりやすいところです。

デスクワークなどで座っていることが多い時は一時間に一度くらいは席を立ち少し歩いたり、軽い屈伸運動して、足先の血液の流れを改善しましょう。

席を立てない場合はつま先とかかとを交互に上げ下げして足首を動かすことで、ふくらはぎの筋肉がポンプのような働きをするため血流が良くなります。

4.入浴

入浴も冷房病や冷えの予防に効果があります。夏は暑いシャワーだけで済ませたくなりますが、お湯につかると全身がしっかり温まるだけでなく、水圧によって血流が良くなります。お湯の温度は4041°の少しぬるいと 感じる程度でゆっくり浸かると 湯冷めによる体温の低下を防ぐことができます。

5.服装

胃腸が弱い方や冷え性の方は、腹巻がとても効果的です。腹部を暖めると全身の温度も上昇しやすく、同時に腰の冷えも防ぐので腰痛の予防にもなります。

室内で過ごすことが多く足元が冷える方は、厚手の靴下やハイソックスを利用したり、冷えが強い場合はレッグウオーマーを付けるなどすると冷えの予防になります。

 

自律神経の働きを整えよう!
ここ最近、自律神経の乱れによる身体の不調に悩まれている方がたくさんおられます。

みなさんは健康的に過ごすためにどんなことを意識されていますか?

私たちの体には、気温や湿度などの体外環境の変化が起こった時やケガや病気をした時でも、

体内が安定した状態を維持できるように調節する機能が備わっています。

今回はその中で重要な働きをしている自律神経の働きについてお伝えします!

自律神経には交感神経副交感神経の2種類があります。

交感神経の働き

・胃腸の働きを抑える

・瞳孔が開く

・心拍数が増える

・血管が収縮(縮まる)

 

副交感神経の働き

・胃腸の働きが活発になる

・瞳孔が閉じる

・心拍数が減る

・血管が拡張(広がる)

それぞれにこのような働きがあり、交感神経と副交感神経の切り替えのバランスが乱れると々な身体の不調が現れます

〈自律神経が乱れる原因とは?〉

日中の活動時に優位に働く緊張モードの交感神経と、夜間に体を休めるために優位に働くリラックスモードの副交感神経は、メリハリのある生活を送ることでバランスよく機能し切り替えがされやすくなります。

しかしバランスよく機能していた自律神経がうまく働かなくなり乱れてしまうことがあります。

①ストレス

人間関係や職場学校での悩み事による精神的ストレス、怪我や過労、過剰な光や音、不快な温度なども身体的ストレスとなって自律神経が乱れる要因となります。

ストレスが長時間続くと副交感神経の働きは抑えられ常に交感神経が優位の状態となってしまうため切り替えがうまくいきません。

②不規則な生活

私たちの体には一定の生体リズムがあります。

昼夜逆転の生活を送ったり夜更かしが続いたり食事を抜いたりなどの不規則な生活を送っていると体内時計のリズムが乱れて自律神経のバランスを乱す原因になります。

③ホルモンバランスの乱れ

自律神経はホルモンバランスの変化と深く関わっています

ホルモンバランスの見られる理由も自律神経が乱れる原因と一緒で、ストレスや不規則な生活によるものが多く症状も似ています。

またホルモンバランスが乱れやすい40代50代の時期は自律神経の乱れも合わさり体の不調が起こりやすい年代でもあります。

 

〈交感神経と副交感神経のバランスが整っている時〉

・何事にもやりがいを感じ成果や結果を出せる力があると感じる

・食事の時間になると空腹を感じいつも食事がおいしい

・夜はストンと眠ることができる

・一晩寝れば疲れがリセットできる

・冷えを感じる事は無い

〈交感神経優位が続いている時〉

緊張モードが続いているのでまずは日ごろ頑張りすぎている自分に気づきましょう。

副交感神経を高めるためにリラックスできる時間を作り好きな音楽や癒される音楽を聴く、お風呂にゆっくりつかるなど頑張りすぎている自分自身を休めてあげましょう

〈副交感神経優位が続いている時〉

副交感神経優位が続くと注意力が散漫になりミスが増えたり憂鬱に陥りやすい傾向になります。

交感神経の働きを高めるために適度な運動やお散歩などをして体を動かしましょう。

また手や足先の末梢血管を広げたり収縮させることで自律神経を切り替えるためのバランスを整えることができます。お風呂から上がる前に手や足先に冷水と温水を3回から5回ほど交互に浴びて(30秒~1分)、最後は冷水で終わりましょう。

〈交感神経と副交感神経の働きがどちらとも弱っている時〉

どちらの働きも弱っているときはまず日々の生活リズムを規則正しくしてみましょう。

なるべく起床時間と睡眠時間を毎日同じ時間にしてリズムを整えたり、朝起きて太陽光を窓から浴びたり、朝食をとることで寝ている間に休んでいた胃腸が適度に刺激され自律神経がスムーズに働き始めます。

またここ数年で注目されているのが塗り絵です。塗り絵は気軽に始められストレス発散効果があると期待されています。何かに集中することで瞑想をした時と同じような効果が期待できます。

夢中になってやりすぎると肩こりや眼精疲労になる可能性もありますので長くても30分程度で休憩をとり、楽しめる位の時間で気軽に続けてみて下さい。

お家でのケアをしていても不調が続く場合は無理をせず、お早めにご相談ください!

 

免疫力を上げる!腸と脳の関係

腸と脳の関係とは?

腸は脳からの指令がなくても独立して活動ができる唯一の臓器です。

そのため、「第二の脳」と呼ばれています。

腸と脳は自律神経系、免疫系、内分泌系(ホルモン)の大きく三つの経路を介してお互いに影響を及ぼしています。このことを「腸脳相関」といい、脳から腸へ、腸から脳へ、情報伝達が双方向に行われています。

不安や緊張状態の時に頻繁にトイレに行きたくなったり、胃腸の調子が悪くなったり、空腹のはずなのに過度の緊張で食欲がないなどの経験はありませんか?

脳がストレスや不安を感じるとその情報が腸に伝わり、腸の機能に影響を及ぼします。

緊張や不安感など強いストレス状態になると、脳から腸に向かう信号が強くなり、自律神経系と内分泌系(ホルモン)を介して、腸の収縮運動が激しくなり痛みを感じやすく過敏状態になります。この状態が強く深刻なケースだと、お腹の痛みが続いたり、便秘や下痢などの症状が数ヶ月以上続いたりする過敏性腸症候群という機能障害が起こりやすくなります。

腸に悪玉菌が増えることで腸粘膜に炎症が起き、その炎症が血流にのって脳にも影響を及ぼすという研究も近年では進んでいます。

また、うつ病を発症している人は、ビフィズス菌や乳酸桿菌などの善玉菌が健康な人に比べて少ないことがわかっています。うつ病の原因は神経伝達の異常やストレスの影響、慢性炎症などの要因が提唱されており、まだ不明な部分が多いものの腸と脳は深く関係していることが研究により明らかになり注目を浴びています。

 

腸と腸内細菌の働きとは?

腸は小腸と大腸に分けられます。小腸では、胃で消化された食べ物が送り込まれ、栄養素の消化と吸収が行われ血管を通して全身に運ばれます。大腸では、消化吸収はほとんどせず、主に便を作り、排出を促す働きをしています。

腸内細菌の主な働きは、免疫力の向上、ビタミンの合成、神経伝達物質の合成、短鎖脂肪酸の生成などがあります。

  • 免疫力の向上

腸には食べ物以外に様々な細菌やウイルスも侵入してきます!

しかし、腸は外敵にさらされる機会が多いため、免疫機能が備わっており、身体の免疫に関わる細胞の6割以上が存在しています。そのため、腸は体内で最大の免疫器官と言われています。この腸が健康な状態を保つことが、免疫向上のカギとなります。

  • ビタミンの合成

腸内細菌は、食べた物の栄養素を使い腸内でビタミンを合成しています。人は体内でビタミンを合成できないため腸内細菌の力でビタミンB群とビタミンKを生成します。腸内に悪玉菌が多い環境になるとビタミン合成能力が低下してしまいます。

  • 神経伝達物質の合成

神経細胞間で情報伝達が行われることで、適切に身体に指示を送ることができます。

神経間で情報を受け渡す時に必要なのが、神経伝達物質です。

その中でも腸と脳に関わりが深い神経伝達物質が「セロトニン」です。

セロトニンは、脳内では心を安定させ集中力や幸福感、睡眠の質を高める働きがありますが、腸においては腸を動かす指令を出す際に使われております。

セロトニンは体内に10mgほど存在しており、その約90%が腸に存在し、血液に約8%、脳に約2%存在しています。腸で作られたセロトニンは直接脳内には取り込まれませんが、セロトニンの合成には腸内細菌が大きく関わっており、腸内細菌のバランスが良くないとセロトニンを充分に合成することができないため、腸内細菌のバランスがとても大切になります。

  • 短鎖脂肪酸の生成

腸内細菌は大腸で消化されにくい食物繊維やオリゴ糖を発酵させて分解しますが、その際に短鎖脂肪酸が生成されます。

短鎖脂肪酸は腸内細菌を増殖させる働きがあり、腸管壁に便が直接触れるのを防ぐことで腸管壁から侵入する細菌をブロックしたり、粘液の分泌を高めて便をスムーズに移行できるようにしたり、水分やミネラルを吸収するためのエネルギー源になったり、大腸の蠕動運動を促進させる働きなど様々な機能があります。

 

腸内環境を整えるためには

☆善玉菌を直接体内に入れる

・ヨーグルト

・らっきょう

・キムチ

・納豆

・味噌 など

☆善玉菌を育てるものを摂取する

・豆類

・ごぼう

・バナナ

・海藻類

・ジャガイモ など

セロトニンを合成するにはバランスの良い食事が大切になります。

そして、活動を促すには日光浴や軽い運動が大切です。

腸と身体の関係は、身体全体の健康にとても重要な働きをしています。

まずはバランスの良い食事と軽い運動を意識して、腸内環境を整えていきましょう!